税理士事務所を利用してスムーズに対応する

Staff

依頼をする

費用はどのくらいかかるのか

会社を経営している人は法人税の申告をする必要がでてきます。原則的には自分たちで申告をする必要がありますが、税務は複雑でわかりにくいという理由から大抵の経営者たちは税理士に申告を依頼します。 税理士に依頼するとどのくらいのお金がかかるのでしょうか。税理士にかかる費用といっても何種類かありまして、月額の顧問料、記帳代行料、決算料があります。月額の顧問料も決して一律ではなく、訪問回数に応じてお金もかかります。月額顧問料、記帳代行料、決算料と合わせて最低でも数万から10万程度かかると思われます。 ただ、近年中小企業の数が不況による倒産のため減少傾向にあるのに対し、税理士の数は増加していますので、競争が激化しています。このため報酬も価格競争にさらされ、減少傾向にあります。

税理士資格の変遷と将来の予測

昭和の時代から税理士試験は存在はしたものの、税務知識は難解なもので、かつ資格予備校といったものもありませんでしたので、税理士になれたのは、大学や大学院に通っていた人や、国税局・税務署を退官した人くらいでした。 しかし、資格予備校の誕生や、不況により資格の必要性が高まったことなどで税理士試験を受験する人数も増加しました。併せて、試験には科目合格制度というのがあり、一度合格した科目は生涯有効となっていますので、その点でも、税理士試験が人気である理由の一つだと思われます。 これからも税理士の人数は増加することが見込まれています。競争も激化していくだでしょう。しかし、税理士の多くは国税局や税務署の退官者がしめていることや、グローバル化などにより若い人にも参入できる余地は十分あると思われます。

Copyright (c) 2015 税理士事務所を利用してスムーズに対応する all reserved.
This template downloaded form free website templates