税理士事務所を利用してスムーズに対応する

Staff

税理士に相談

税理士の歴史について

税理士の根源は、明治30年にまでさかのぼります。 現在の租税制度の基礎は、明治大正昭和を通して作られてきたもので、時代が変化するに連れて新しい税金も作られてきました。 所得税、相続税、法人税なども最初からあったものではなく、時代妖精から作られたものです。最近では消費税の導入があります。 税金制度が複雑化してくると、税務処理も煩雑になるため税務処理を手伝う人たちの集団を税理士制度の発端として、税理士が生まれました。 戦後になって、所得税、法人税、相続税に申告納税制度が導入されたことによって、より税理士の果たす役割が大きくなってきました。 最近では会社法の改正にともなって、会社の会計帳簿の作成を取締役と共同して行えるようになりました。

重要なデータを持つ専門家

企業や個人が何をするにも会計資料は非常に重要なものです。 企業にあっては、売上や利益について分析をする際の基礎資料になります。 そのなかで会社経営の問題点が潜んでいないかを突き詰めるための資料でもあり、また解決策を見出すために必要な資料です。 上場企業は会計書類は公表することが義務付けられていますが、中小零細企業は同族企業が多く、公表するまでに至っていません。 何か企業で起きている問題を解決する際に、税理士他士業と連携して問題の解決に当たる際に、税理士が持つ会計士料は非常に重要な資料となります。 これらのデータを元に他の士業との連携を取りながら総合的なアドバイス、解決策の提案ができるようになります。 よって、積極的に会計資料をオープンに出来るよう期待されます。

Copyright (c) 2015 税理士事務所を利用してスムーズに対応する all reserved.
This template downloaded form free website templates